採用管理システムのセキュリティに注目

Menu

2017年07月24日
採用管理をシステム化することのメリットを更新。
2017年07月24日
システム化が可能な採用管理業務とはを更新。
2017年07月24日
採用管理システムのセキュリティに注目を更新。
2017年07月24日
採用後も使うのが採用管理のデータですを更新。

Calendar

2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

さまざまなメリット

採用管理のシステムを導入するメリットとしては、大きく分けて三つ挙げられますね。まず一つ目は業務の簡素化です。採用活動は、複雑にやろうと思えばいくらでもやれてしまう業務です。満点が無い業務のため、とにかく際限なく進めてしまうことも考えられます。ところが、時間は有限ですから無駄は省いていかなければなりません。そこでどうしても管理の部分で時間を節約しなければならなくなるわけです。
採用管理のシステムは、こうした時間の節約に繋がります。二つ目はミスの削減です。採用管理は絶対にミスをしてはいけない業務になりますので、漏れなくミスなく仕事を進められるようにしなければなりません。そういった意味では、採用管理に関しては細心の注意を払わなければならないため、システム構築は必須と言えるわけです。
最後に三つ目ですが、これは採用に関わる人間の削減です。採用管理をシステム化できれば、五人必要だったことが三人に、三人必要だったことが二人でできるようになるかもしれません。こうして不要になった人材は、別の部署などに異動をしてもらってお金を稼げるようにすれば会社にとって大きなメリットになります。こうしたことが出来るのが、採用管理に関するシステム導入のメリットなのです。

クラウドサービス

採用管理の仕事は、募集であったり選考であったり、内定そして本採用だけではありません。人事の仕事は、採用管理のほかに、雇用契約や労務手続があります。意外と面倒なのが雇用契約です。身元保証書、企業の秘密保持ための誓約書、反社会的勢力と関係ない旨を確認するための宣誓書など、いくつもの書類が必要です。これをペーパーレスで完結できるクラウド上のサービスがあります。
企業の内定者はパソコンやスマホなどからサイトにログインし、雇用契約に関する書類を確認します。問題がないと判断すれば氏名を入力して、同意ボタンをクリックまたはタップすることで「押印」の代用となります。書類の場合、会社への送付から自宅に返送されるまでに往復1週間ほど要することがあるが、このクラウドサービスを使えば、1分間で契約が成立してしまいます。
このサービスの運営には弁護士が関与するため、法的な不備の懸念がないのです。契約書は、書類と押印がなければ有効でないという一般的な観念がありますが、法的にいえば、契約は口頭でも文書でも意思表示が合致すれば成立します。法的には、書類も押印も不要なのです。このクラウドサービスでは、押印の代わりに「同意ボタン」を押しますが、これは「意思表示の合致」に相当し、これで雇用契約が成立します。こうして、採用管理や雇用に関する権利義務が生ずるという法律効果が生じます。

Information

採用管理システムのセキュリティに注目

さまざまなメリット 採用管理のシステムを導入するメリットとしては、大きく分けて三つ挙げられますね。まず一つ目は業務の簡…

Read

採用管理をシステム化することのメリット

問題解決のサポート 採用管理を運営するシステムを導入することに伴い、人材の採用についての問題解決をサポートしてくれるの…

Read

システム化が可能な採用管理業務とは

手続きを短縮できる 採用管理は、採用活動や雇用契約が無事に終われば、次のハードルは労務管理です。つまり、社会保険の加入…

Read

採用後も使うのが採用管理のデータです

試用期間を活用 採用管理システムには、応募者の大切な情報が取り扱われています。そこで、セキュリティ対策が不十分な採用管…

Read